活動報告

活動報告

「松村経済産業副大臣・アゼルバイジャン共和国出張」

<経済産業省HP>
http://president.az/articles/22870
<イルハム・アリエフ大統領との会談>
W1siziisijiwmtcvmdivmjivogm3mzhoytbkb18wmdjfof8uanbnil0swyjwiiwidgh1bwiilci2ntr4mzi3iyjdxq?sha=8065e8511eb95465
2月22日(水)~24日(金)、経済産業副大臣として「アゼルバイジャン」へ出張いたしております。
アゼルバイジャンは石油・天然ガスなどの資源が豊富であり、当国最大規模のACG油田には日本が権益を有しており、権益延長について昨年12月の基本合意を経て、引き続きその具体的条件等について交渉が必要であり、ハイレベルでの働きかけと関係構築が不可欠であります。今次出張では親子2代にわたり20年以上政権持続させているアリエフ大統領・ソカール(国営石油会社)総裁等と面談を行います。
また、第9回日本アゼルバイジャン経済合同会議にアゼルバイジャン側の代表を務めるシャリホフ副首相とともに参加いたします。

<経済産業省HP>
松村経済産業副大臣は、2月22日から2月24日の日程でアゼルバイジャン共和国を訪問しました。アリエフ大統領を始め、政府要人と会談を行うとともに、日本アゼルバイジャン経済合同会議に出席しました。

1.アリエフ大統領との会談

22日、松村副大臣はアリエフ大統領と会談を行いました。会談では外交関係樹立25周年にあたり、二国間関係の重要性を再確認するとともに、大統領からは、エネルギー分野における日本企業の活動を支援する意向が示されるとともに、産業多角化に向けて日本企業の持つ知見・技術への高い関心が示され、両国間の貿易・投資拡大に向けた取組を強化していくことで一致しました。
【アリエフ大統領との会談の模様】【アリエフ大統領との会談の模様】

2.シャリホフ副首相との会談

23日、松村副大臣はシャリホフ副首相と会談を行い、主に非資源分野における協力について意見交換を行いました。シャリホフ副首相からは、先の旭日大綬章の受賞に関し、天皇陛下、安倍総理を始め、日本国民の皆様に対する謝意が述べられました。同副首相からは、今後様々な分野における日本企業の進出への期待及び、引き続き日本との経済協力の窓口として尽力していく旨が示され、今後日アゼルバイジャンの経済関係強化に向けて協力していくことで一致しました。
【シャリホフ副首相との会談模様】

3.第9回日本アゼルバイジャン経済合同会議

23日、松村副大臣は第9回日本アゼルバイジャン経済合同会議に出席しました。同会議は日本側より小林日本アゼルバイジャン経済委員会会長(伊藤忠商事副会長)ほか50名以上が参加し、アゼルバイジャン側からはシャリホフ・アゼルバイジャン日本経済協力国家委員会委員長(副首相)ほか、関係各省の次官級などが参加し、エネルギー、医療、物流といった分野毎に今後の協力の可能性について議論が行われました。【日アゼルバイジャン経済合同会議の模様】
2017/02/23

最近の記事

バックナンバー

ログ検索

RSS